工業会の歴史

年表

会員数 会長 HVC社長 総会会場 トピックス 社会情勢
設立 1982
(昭57)
38社 夏井末蔵 平野   功 東京
(ホテルパシフィック)
中曽根内閣誕生
東北上越新幹線開業 
1回 1983
(昭58)
51社 東京
(京橋会館)
ミリオネート会報
創刊号発行
大韓航空機墜落
2回 1984
(昭59)
54社 宮城
(ホテル松島大観荘)
地区協議会活動開始
3回 1985
(昭60)
54社 増渕義一 長崎
(矢太樓)
ドリーム工法(脱気工法)の普及 プラザ合意
円高不況
日航ジャンボ機墜落
阪神優勝
4回 1986
(昭61)
54社 長和伸年 福井
(仁泉) 
  JR誕生
チャレンジャー爆発
チェルノブイリ事故 
5回 1987
(昭62)
55社 北海道
(札幌ローヤルホテル) 
JASS8改正
メンブレン防水 
竹下内閣誕生
ブラックマンデー 
6回 1988
(昭63)
55社 香川
(琴平グランドホテル) 
ワンデーフィニッシュ
の発売 
平成バブル景気の始まり 
7回 1989
(平1)
57社 大分
(鉄輪・ホテルあしや) 
  消費税導入
海部内閣誕生
冷戦終結宣言
ベルリンの壁崩壊 
8回 1990
(平2)
67社 新潟
(佐渡・八幡館) 
原料高騰
ミリオネート製品価格改定検討 
湾岸戦争勃発 
9回 1991
(平3)
69社 伊藤正巳 三重
(新賢島荘) 
実務担当者懇談会の開催
HCスプレーの発売 
バブル崩壊不況
宮沢内閣誕生 
10回 1992
(平4)
73社 北海道
(函館湯の川プリンスホテル) 
10周年記念品の配布
HCパークの発売 
牛肉・オレンジ
輸入自由化 
11回 1993
(平5)
72社 八島祐治 宮崎
(プラザ宮崎ロイヤルホール) 
技術委員会の設置  総選挙自民党過半数割れ
細川内閣誕生
冷夏・米輸入 
12回 1994
(平6)
75社 盛岡
(ホテル紫苑) 
保土谷建材本社移転  村山内閣誕生 
13回 1995
(平7)
73社 小田切信 島根
(米子・グランドホテル天水) 
HCエコプルーフの発売
業務委員会の設置 
阪神大震災
地下鉄サリン事件 
14回 1996
(平8)
70社 渡邊   隆 滋賀
(瀬田・臨湖庵) 
ミリオネート工業会に改称
支部体制の構築 
住専破綻整理決定
橋本内閣誕生 
15回 1997
(平9)
70社 神奈川
(横浜・ホテルニューグランド) 
15周年記念行事  山洋証券、山一証券、
北海道拓殖銀行倒産 
16回 1998
(平10)
70社 丸山和雄 長野
(戸倉上山田・ホテル清風園) 
ミリオネートQ&A100発行
拡販協力金制度の実施 
小渕内閣誕生 
17回 1999
(平1)
70社 福岡
(二日市温泉・大丸別館) 
支部体制再編成・7支部制に ユーロ単一通貨導入 
18回 2000
(平12)
80社 山崎範男 北海道
(登別・ホテルまほろば) 
企画委員会の設置
工業会ホームページの設置 
森内閣誕生
そごう民事再生法適用申請 
19回 2001
(平13)
87社 滝口浩二 東京
(メルパルク東京) 
ミリオネートQ&A100改訂

小泉内閣誕生
米穀同時テロ発生 
20回 2002
(平14)
90社 高岡秀夫 北京
(京瑞大厦ホテル) 
20周年記念行事
北京記念総会
技術研修会実施 
北鮮拉致被害者5名帰国
ノーベル賞ダブル受賞 
21回 2003
(平15)
106社 沖縄
(ルネッサンス沖縄) 
第1回技術研修会実施  イラク戦争勃発
自衛隊イラク派遣
チャレンジャー爆発 
22回 2004
(平16)
120社 吉田峰雄 吉田輝信 京都
(湯の川温泉・松園荘) 
駐車場工法、防触被覆工法、認定制度開始
5支部体制に改組 
イチロー大リーグ最多安打
日本球界再編
中越地震
スマトラ沖地震 
23回 2005
(平17)
136社 三重
(長島温泉・ホテル花水木) 
ミリオネートQ&A100改訂
ミリオネート名入り防寒着配布 
JR西日本脱線事故
アスベスト健康被害
耐震強度偽装事件 
24回 2006
(平18)
138社 神奈川
(箱根湯本・ホテル河鹿荘) 
合同支部会にて構造に関する講習会開催
ミリオネート名入りカラーブルゾン配布 
阪急HDと阪神電鉄の経営統合
敵対的TOB、M&A急増
世界的な異常気象が観測
ゼネコンの談合問題が発覚 
25回 2007
(平19)
148社 台湾
(台北・シーザーパークホテル) 
第1回調査報告書研修会実施
25周年記念お天気時計配布 
食品偽装問題
福田内閣誕生 
26回 2008
(平20)
154社 坂本 理 宮城
(秋保温泉・ホテル左勘) 
第2回技術研修会実施  100年に1度といわれる金融危機
原油や原材料価格の高騰 
27回  2009
(平21)
153社 小花公男 北海道
(洞爺湖万世閣・ホテルサイドテラス)
  新型インフルエンザ流行 
28回  2010
(平22)
151社 岐阜
(下呂温泉・水明館)
「立上り施工」DVD作成
技術講習会実施 
東日本大震災
はやぶさ帰還 
29回  2011
(平23)
154社 東京
(アジュール竹芝) 
技術講習会実施  地上アナログ放送終了
なでしこジャパンワールドカップ優勝 
30回  2012
(平24)
152社 千葉・ハノイ
(成田東武エアポート・ベトナムハノイ)
30周年記念デジタル膜厚計配布
技術講習会実施 
東京スカイツリー開業
ロンドンオリンピック開催 
31回  2013
(平25)
155社 広島
(宮島グランドホテル・有もと)
32回 2014
(平26)
153社 西川範夫 熊本
(阿蘇プラザホテル)
33回 2015
(平27)
156社 島根
(佳翠苑 皆美)
34回 2016
(平28)
155社 東京
(東京グランドホテル)
35回 2017
(平29)
149社 鈴木光春 東京
(羽田空港ギャラクシーホール・
ミャンマーヤンゴン) 35周年記念防災用品配布
36回 2018
(平30)
147社 神山光司 兵庫
(神戸メリケンパークオリエンタルホテル)
Q&A100改訂
37回 2019
(令1)
151社 青森
(南部屋海扇閣)
ウレタン塗膜防水ハンドブック(NUK発刊)配布

対談

25年を振り返って ~はじめに~

 ミリオネート工業会創立20周年にあたり、会の創設当時から黎明期のウレタン防水剤の普及にご尽力頂いた会の役員の方々と、 メーカである保土谷建材の歴代社長をお招きし、お話を伺いました。

 ミリオネート製品の製造メーカーである保土谷建材は、総合化学メーカーである保土谷化学の建材部門が昭和53年に独立して出来た会社です。ウレタン防水材は、保土谷化学が独自のイソシアネート技術を活用し、昭和43,4年頃、タールウレタンのシーリング材という形で世に問うたのが始まりです。その後本邦初のウレタン塗膜防水材として発展する過程で、普及に大きく寄与してきたのがミリオネート工業会(旧称 ミリオネート会)です。

出席者
  • [元会長] 八島 祐治
  • [理 事] 夏井不二江
  • [元社長] 小田切 信
  • [前会長] 渡邉 隆
  • [賛助会員] 石塚 正晴
  • [前社長] 滝口 浩二
  • [前理事] 坂本 武雄
  • [元社長] 平野 功
  • [会 長] 丸山 和雄
  • [会 長] 山崎 範男
  • [元社長] 増渕 義一
  • [事務局] 安藤 俊春
  • [前会長] 吉田 峰雄
  • [元社長] 伊藤 正巳
  • (敬称略)

25年を振り返って ~対談~

まずは、会員サイドから黎明期の思い出を一言・・・

「私は創設当時から、ミリオネート会の催しにはすべて参加しております。以前に日本レヂボンのレヂボン会がありいろいろありましたが、それが発展的に解消しミリオネート会が出来ました。初代会長の夏井さん、2代会長の長和さんはお亡くなりになりましたが、歴代の会長さんには賛助会員として公私ともども可愛がって頂いた思い出があります。」

「若い頃から保土谷の社員のような気持ちで、カタログ持って歩いていたので、今更よそへは行けない。先ほど設立総会の写真を見たら自分もさすがに若く、さぞかしドライバーも飛んだろうなーと思った。
正直言って、ミリオネート会に入って失敗したと思ったこともあった。昔の保土谷は役所みたいな処があったから、若い頃はどうかと思うこともあった。ドリーム工法(脱気工法)が出て、世間の評価も変わり自分もやる気が出た。今は会員数も増え、自分の事のように嬉しい。本当にミリオネート会に入っていて良かったと思う。」

「東京から仙台に都落ちした時、ミリオネートのサンプルを見せられてこれは素晴らしいと思った。ところがどっこい、なかなかそうはいかなかった。保土谷さんの王子の研究所にも通って勉強したが、上手くいかずに言いたくない文句もかなり言ったと思う。今こうして、昔の理事仲間と再会できて感無量です。」

「今日、ミリオネート会の年表を見て、100社に迫るような会の発展振りは本当に嬉しく思う。当時の理事会ではここにおられる理事さん達と、活発な意見交換をしたことを懐かしく思いだす。初期の頃からミリオネート会は纏まりが良く、協調性もあり会合にもみんな喜んで参集していたと思う。」

「今振り返ると、レヂボンバカと思われるほどウレタンに惚れ込んできた人生でした。北海道レヂボンの夏井社長とは、北海道と、九州と両方から日本を制覇しようと、励まし合っていたのが昨日のように思われます。長崎は離島が多く、工事も大変であったが五島の役所工事を軒並み取ったのは想い出です。」

「保土谷とのつき合いは30年になる。日本レヂボンの在庫を引き継いだ事が縁で、防水の世界に入った。当時の防水から比べると現在は品質、技術とも格段の向上であると思う。長い間、保土谷とは親戚以上の付き合いとしてやらして貰ってきた。そういった間柄が今日の会員数の増加に繋がっているのかとも思う。」

「日本レヂボン時代から、30年お世話になっています。主人は脱サラで、東京へ出て、防水屋が良かろうと日本レヂボンの門を叩いた。そして北海道レヂボンの名前を貰って、札幌で事業を始めました。主人が営業をして、私は職人一人とトラックにプライマーからすべてを積んで走り回りました。当時はウレタン防水に対して札幌では全く理解がなく、何度も嫌になって止めようと思いました。ゼネコンからお風呂の工事一つ貰ったのがとても嬉しかったことを覚えています。
その後、ミリオネート会が出来、わからないことがあれば教えて貰い、以来ずっと保土谷さん一筋でお付き合いさせて頂いています。」

雑談の中から、当時の苦労話などを・・・

「いまは時代の流れから、生産中止になってしまったが、昔のSA(黎明期からウレタン防水材を支えたタールウレタン)は良かった。20年間全くクレーム無しであった。少し厚塗りすれば、風呂などの水回りでは最高でした。」

「爪がいつも真っ黒になり取れなくて困ったけどね。」

「SAが出来たからウレタン防水があったと言って良い。大阪万博のシンボルタワー太陽の塔にも使用されました。」

「他社の防水材はクレームが多かったから、保証書なんか出したくない時代であったが、ミリオネート製品には自信があったから、保証書をどんどん出していたら、県の防水協会からは嫌われて、5年くらい入れて貰えなかった。そんなこともあり、はじめの2,3年は苦労したが、その後は設計に入れたことが生きてきた。長崎の小学校などは殆ど、うちのウレタン防水だった。うちしかやっていないので役所が全部うちにくれた。」

「保土谷の売り方は一言で言うと殿様商売であったが、反面家族的なつき合いが魅力でもあった。最近では保土谷の後を追ったメーカーが結構台頭してきて、私たちが努力してウレタンを認識させたところで、あぶらげをさらわれたような感じもある。」

メーカーとしてもこれまで前例のない分野での仕事に、試行錯誤していました。メーカーの歴代社長から一言ずつ・・・

「はじめは保土谷のウレタンの用途開発は、シーリング用途を狙っていた。それをより量が売れるようにと防水材用途を考えた。文献を調査すると、当時の塗膜防水に比べて性能が良いことがわかった。保土谷の売り方は緩んでいる…それがいいと言われた。他社のようにがめつく売らなかった。それが雰囲気が良いと言われた。普及段階では普通の材料売りでないやり方だった。設計事務所に説明して、メーカーが直接塗っていた。工法を売っているようなイメージだった。私たちは自分で行って塗っていた。
建築を知らない素人が始めたので、はじめは大変だった。」

「技術的にいよいろ試行錯誤しているときに、かたや営業部門では量を売らなくてはならないことで苦労した。」

「根っからの技術出身で、お客さんとのつき合い、ものの売り方などわからなかったので、苦労した。反面、技術面では、HCスプレー、パーク、そしてエコプルーフと開発には力を注ぎ成果を上げた時期と思っている。今後もニーズを的確につかんで、製品化する力を持ち続けて欲しいと祈念しています。」

「営業出身者から社長になったのは、初めてだった。品質が良くて、値段が安くて、営業マンのフォローが大事と感じた。この建材業界は通常の化学製品の商売とは違うと思った。当時、エコプルーフが登場し、製品的には良い時代であったが、施工技術というソフトウエアーが大切と思った。」

「マーケットは大きな変化をしている。この業界も他社の動向を注視しなければならないが、今日諸先輩のお話を伺っているミリオネートの財産はこれから大きく花開くであろうと期待している。設計活動の重要性を認識L、押し進めてきた。これからは土木分野への展開も視野に入れている。」

「建材を離れて思うことは、この様な素晴らしいパートナーと仕事をしてきたのだという事実です。大変な時代ではありますが、これからもミリオネートエ業会の発展をお祈りしています。」

お急ぎの方はお電話よりお問い合わせください。
☎ 03-5299-8170
メールのお問い合わせはこちら
Copyright(c)MILLIONATE KOGYOKAI.All Rights Reserved.